一人暮らしが選ぶウォーターサーバー

一人暮らしだと使う量が少ないからって、ウォーターサーバーを使うことをあきらめていませんか。

家を留守にしていることが多いから、ウォーターサーバーを使うと無駄になってしまうと思っていませんか。

一人暮らしでも、ウォーターサーバーは使うことができます。

しかも、ちゃんとポイントさえ抑えれば、あなたの一人暮らしをさらに快適な環境にしてくれるはずです。

では、一人暮らしのウォーターサーバーを選ぶ時、どのようなことに注意すればよいのでしょう。

今回は、一人暮らしのウォーターサーバーについて考えてみます。

スポンサーリンク
336280

使用量で選ぶ

一人暮らしでウォーターサーバーを使うことを考えてみた場合、ポイントとなるのは使用量です。

なぜならば、どれだけ安いミネラルウォーターだとしても、賞味期限までに飲み切ることができなければ、結果的に割高になってしまう可能性があるからです。

ウォーターサーバーの使用量については、平均値をはじめいろいろな指標がありますが、ウォーターサーバーの使い方が人によって大きくことなるため、その数字だけを鵜呑みにすることはできません。

たとえば、人は1日に食事などで約1リットル、水を飲むことにより約1.2リットルの水分補給が必要だといわれています。

そして、すべての水分補給をウォーターサーバーで補う場合、月の使用量は66リットル、飲む水だけをウォーターサーバーで補う場合、月の使用量は36リットルと、使用量には大きな差が生じてきます。

このため、一般的な数字を参考にするのではなく、自分の使用環境に応じて、使用量を変えることができる契約のウォーターサーバーを選ぶ方がよいでしょう。

また、ウォーターサーバーは使用する水の種類によって賞味期限が異なります。

日中外出していることが多く、ウォーターサーバーの使用量が少ない環境の方は、賞味期限を参考に水を種類を選ぶのもひとつの方法です。

あと、ボトルの容量もメーカーやサーバーによって多少異なるため、使用量の少ない方はボトルの小さいウォーターサーバーを選んでみるのもいいかもしれません。

また、ボトルの小さいウォーターサーバーは省スペースでも問題なく設置可能なよう、工夫されています。

使用量だけでなく、あなたの住環境などもウォーターサーバーを選ぶ参考材料にしましょう。

ボトルの購入ノルマで選ぶ

一人暮らしのあなたがウォーターサーバーを使う場合、当然ながら家族でウォーターサーバーを使う場合と比較し、飲む量は少なくなりがちです。

ウォーターサーバーの飲む量が少ない一人暮らしの場合、ウォーターサーバーを選ぶポイントとして考えなければならないのが、ボトルの購入ノルマについてです。

ボトルの購入ノルマがある契約内容の場合、たとえば、仕事が忙しくなった影響により自宅で過ごす時間が少なくなった影響で、ミネラルウォーターの使用量が極端に少なくなった場合でも、定期的にボトルは送られてきます。

もちろん、飲み切ることができない場合、一時注文を休止したり、一定期間注文を停止したりしてミネラルウォーターの在庫を調整することができるメーカーもありますが、事前の申し込みが必要だったり、別途手数料が必要な場合もあります。

一人暮らしが選ぶウォーターサーバーとしては、ボトルの購入ノルマのないウォーターサーバーがおすすめです。

ボトルの購入ノルマにあなたが合わせるのではなく、あなたの生活環境に合うウォーターサーバーを合わせるようにしましょう。

(参考情報:ノルマなしで選ぶウォーターサーバー

ボトルの配達方法で選ぶ

一人暮らしで使うウォーターサーバーを考えた場合、ミネラルウォーターが入ったボトルの受け取りや空ボトルの処理も注意しておきたいポイントです。

ミネラルウォーターが入ったボトルの配達は、不在時でも玄関の前に置いてくれる方法もありますが、やはり身体の中に摂り入れるものだからこそ、安全性を考慮すれば、直接受け取りたいと考えるのは当然だと思います。

一部のウォーターサーバーメーカーでは、ボトル配達の配達日と配達時間を選ぶことができます。

身体に摂り入れるものだからこそ、誰に触られるか分からない無人の玄関先にボトルを置かれることに抵抗感のある方や、ボトルを玄関先に置かれることで周辺住民にウォーターサーバーを利用しているのを知られることが嫌な方は、配達日と配達時間を選ぶことができるウォーターサーバーを積極的に利用しましょう。

ボトルの種類で選ぶ

ウォーターサーバーに使われているボトルには、ワンウェイ方式と呼ばれる使い捨てタイプとリターナブル方式と呼ばれるリサイクルタイプがあります。

リターナブル方式の場合、使用済容器は回収まで自宅で保管しておかなければいけません。

また、リターナブル方式に使われる容器は頑丈に作られており、小さく折りたたんだりすることができません。

居住スペースに余裕があれば話は別ですが、一人暮らしの場合、限られたスペースを有効利用しているケースが多いはずです。

ということは、回収まで使用済容器を保管して置かなければならないということは、あなたの居住スペースが使用済容器によって狭くなる可能性があるということです。

ワンウェイ方式であれば、リターナブル方式のようなデメリットはありません。

なぜならば、使用済容器はそのままゴミとして処分することができるからです。

(参考情報:ボトルの種類で選ぶウォーターサーバー

ボトル交換方法で選ぶ

男性にはあまり関係のないことかもしれませんが、一人暮らしの女性にとって水の重量は大きな問題です。

なぜならば、基本的に配達されたボトルは自分の力でウォーターサーバーに設置しなければならないからです。

非力な女性にとって、ミネラルウォーターが入ったボトルは、決して軽いものではありません。

ボトルを設置する位置がウォーターサーバーの上部であれば、その負担はさらに大きくなるでしょう。

このため、ウォーターサーバーの中には、本体の下にボトルを置くだけで設置が完了するように作られているタイプがあります。

一人暮らしの女性の場合には、水の種類だけでなく、ボトル交換時の負担を考慮したウォーターサーバー選びが必要だといえるでしょう。

なお、さきほどもご紹介したとおり、ウォーターサーバーのボトルサイズはメーカーによって異なります。

本体上部にボトルを設置するウォーターサーバーを選ぶ場合には、ボトルサイズの小さいタイプを選ぶことで、水の重さによるボトル交換時の負担を軽減することができます。

(参考情報:ボトル交換がラクなウォーターサーバー

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー

アルピナ

延べ70万人のサービス利用者から得た満足度に関する調査回答データをランキングに反映させた、ウォーターサーバー顧客満足度ランキング2013年度において、見事総合第一位に輝いたのが、アルピナウォーターです。

ワンウェイボトルを使用しているので、回収までボトルを保管しておく必要が無く、一人暮らしの限られたスペースを空ボトルに占拠されることもありません。

従来よりも小型で軽量の8リットルボトルを使っているため、女性やお年寄りにも楽にボトル交換を行うことができます。

ボトル設置時の高さも129センチと小柄な女性でも持ち上げることができる高さなのも大きなメリットです。

また、ボトルの購入ノルマも無いので、ミネラルウォーターを飲み切れないことによる無駄を最小限に抑えることも可能です。

水の種類
最低発注量
水の価格
ボトル種類
RO水
4パック(48リットル)
948円+税(12リットル)
リサイクル
サーバーレンタル料
配送料
メンテナンス料
注文ノルマ
572円+税
無料
無料
なし

水にこだわる女性におすすめのウォーターサーバー

クリクラミオ

サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料なのはもちろんのこと、1年に一回必ずメンテナンスを実施するなどサポート体制も充実

また、口当たりが柔らかく甘みを感じることができる富士の天然水をいつでも飲むことができるのも人気の理由です。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。