徹底分析!ミネラルウォーターが腐る理由

ミネラルウォーターが腐る

ミネラルウォーターは腐りません。

なぜならば、科学的な元素の構造から見て、水は絶対に腐らないからです。

しかし、ペットボトルに入れたままの水を長時間放置すると、色が変わってきたり、悪臭がしたりして腐ってきます。

では、ミネラルウォーターが腐るというのは、いったいどういうことなのでしょう?

今回は、ミネラルウォーターと腐敗について考えてみます。

スポンサーリンク
336280

ミネラルウォーターは、なぜ腐らない

一般的に言われている水が腐るという状態は、水の中に含まれる不純物が細菌により分解されることにより、水の状態が変化する現象です。

つまり、水の中に含まれる不純物が少なければ少ないほど、水は腐りにくくなると考えることができます。

このため、非常用などに使われるミネラルウォーターにおいては、長期間保存を目的とし、不純物の少ない水が使われているケースが多く見受けられます。

また、ミネラルウォーターは空気中の細菌と触れることにより、腐敗が進行していきます。

つまり、密封状態のミネラルウォーターは、空気中の細菌と触れる可能性が非常に低いため、腐敗の進行が非常に遅く、長期間の保存が可能だということです。

ミネラルウォーターが腐る原因は不純物と細菌です。

保存を目的にミネラルウォーターを選ぶ際には、ラベルに記載されている賞味期間以外にも、不純物の量やどのような殺菌処理が行われているかについて注目しましょう。

なぜ、川の水は腐らないのか?

不純物と細菌が含まれている水でも、流れている川の水は腐ることはありません。

なぜならば、流れている川の水は、水の中で不純物が循環していることにより、細菌の繁殖が抑えられるからです。

同じ川の水でも、細菌の繁殖が容易な流れのない部分においては、ペットボトルに入れたままの水と同様に、時間の経過とともに腐ってきます。

つまり、ミネラルウォーターであろうと川の水であろうと、不純物が含まれていれば同じように腐る可能性があるということです。

また、水道水は蛇口から出るまで塩素が含まれていることが義務付けられており、この塩素による殺菌効果によって、細菌の繁殖が抑えられ腐りにくくなっています。

しかし、長期間使用されなかった蛇口の水道水においては、残留塩素が少なくなり腐敗が進行している可能性が否定できないため、飲み水として使用する際には、まず、水道管の中に留まっていた水を排出してから使うようにしましょう。

水にこだわる女性におすすめのウォーターサーバー

クリクラミオ

サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料なのはもちろんのこと、1年に一回必ずメンテナンスを実施するなどサポート体制も充実

また、口当たりが柔らかく甘みを感じることができる富士の天然水をいつでも飲むことができるのも人気の理由です。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。