ミネラルウォーターの効果的な飲み方とは?

人が1日に摂取すべき水の量は2500mlといわれています。

このうち、1000mlは食事で摂取し、300mlが体内の代謝によってつくられるため、最低でも1200ml(1.2リットル)の水を補給する必要があります。

とはいえ、水分量を確保するため一度に大量の水を飲むことは、体温を低下させミネラル成分を排出してしまうだけでなく、腎臓に負担をかけてしまいます。

そこで、身体にやさしいミネラルウォーターの飲み方が必要となるわけですが、ポイントとなるのは飲むタイミングと飲む量です。

これからご紹介する内容を確認し、上手な水の飲み方を実践しましょう。

スポンサーリンク
336280

ミネラルウォーターを飲む適切なタイミングとは?

飲むタイミングとして重視すべきは、起床時と就寝前です。

人は寝ている間に大量の汗をかくため、起床直後は血液濃度が高くなり普段と比較しドロドロ血液になっています。

ドロドロ血液は脳梗塞や心筋梗塞の理由と考えられているため、寝ている間に排出された水分を起床直後に補うことは、寝ている間に濃くなった血液を薄め脳梗塞や心筋梗塞を予防してくれます。

また、寝ている間にかく汗を考慮し就寝前に水分を補給することも、有効な水分補給の方法といえるでしょう。

また、入浴前後や運動時など普段より汗をかいた時にも、自覚はなくても水分不足になっています。

水分補給は体温を下げる効果も期待できるため、汗をかく時には普段より多めの水分を補給するようにしましょう。

どのくらいのミネラルウォーターを一度に飲めばいいのか?

飲む量としては、一度にコップ1杯を目安に、回数を分けこまめに水分補給する方法が有効です。

一度に飲む量が少なければ、身体への負担も少なくスムーズに吸収されます。
また、暑い季節には冷たい水を飲みたくなりますが、冷たすぎる水は胃に負担がかかり効果的な飲み方とは言えません。

身体への吸収を考慮し、冷たすぎない水を味わうようにゆっくりと飲むようにしましょう。

水にこだわる女性におすすめのウォーターサーバー

クリクラミオ

サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料なのはもちろんのこと、1年に一回必ずメンテナンスを実施するなどサポート体制も充実

また、口当たりが柔らかく甘みを感じることができる富士の天然水をいつでも飲むことができるのも人気の理由です。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。