ボトルの種類で選ぶウォーターサーバー

ウォーターサーバーの容器には、ワンウェイボトルとガロンボトルがあります。

ウォーターサーバーを使う際には、どちらの容器を使うのか選ぶ必要があります。

あなたは、ワンウェイボトルとガロンボトルがどのような容器なのか知っていますか。

ワンウェイボトルとガロンボトル、それぞれの特徴を理解していますか。

いったい、どちらが環境に優しいのでしょう?

どちらの方が、衛生上優れているのでしょう?

これからご紹介する内容を見れば、ワンウェイボトルとガロンボトルの違いが理解できるはずです。

スポンサーリンク
336280

空き容器不要のワンウェイボトル

ワンウェイボトルとは、使い捨てを前提としたミネラルウォーターの容器です。

使い捨てを前提として作られた容器のため、使用後は資源ゴミとして処分することができます。

ガロンボトルでは、業者によって回収されるまで容器を保管しておく必要がありましたが、使用後すぐに処分することができるため、空き容器によってスペースをとられることがありません。

このため、空き容器の保管スペースを確保することが困難な環境の方に適しているボトルです。

また、使い捨てのため、基本的に容器を使い回しすることは無いと考えられます。

どれだけ殺菌効果が行われている容器とはいえ、身体の中に摂り入れるミネラルウォーターだからこそ、使い回しの容器には抵抗感があるとお考えの方にもおすすめのボトルです。

ゴミが出ないミネラルウォーターならガロンボトル

ガロンボトルとは、容器回収を前提としたミネラルウォーターの容器です。

容器回収を前提として作られた容器のため、使い回しが出来るように頑丈に作られています。

容器がゴミになることがないため、環境への意識の高い方に使っていただきたいボトルです。

また、容器回収を前提としているため、容器の回収が困難な地域では利用することができません。

ガロンボトルのウォーターサーバーを選ぶ際には、事前に配達エリアを確認するようにしましょう。

ワンウェイボトルとガロンボトルを衛生面で比較

そもそも、ミネラルウォーターは通常の環境下で賞味期限内に飲み切れば、ミネラルウォーターの品質として問題が無いように作られています。

しかし、容器の中に空気が混入するガロンボトルは、水が減るとともに容器も小さくなり空気と触れることが少ないワンウェイボトルに比べ、外気による雑菌の混入が考えられるため、衛生面に劣っているといわれています。

品質として問題が無いにもかかわらず、衛生面では劣っている?いったいどういうことなのでしょう。

ワンウェイボトルにボトリングされるミネラルウォーターは、容器が小さくなることを前提に作られています。

ガロンボトルにボトリングされるミネラルウォーターは、容器の中に空気が混入することや繰り返し使うことを前提に作られています。

なぜならば、どの容器を使うのかが明確になっていなければ、賞味期限を設定することができないからです。

ワンウェイボトルとガロンボトルは、そもそも前提条件が違います。

前提条件が異なる容器を比較して、いったいどんな意味があるのでしょうか。

ウォーターサーバーを長期間使い続けると、取り付け口やミネラルウォーターを出すコックの部分に菌やカビが付着し汚れてきます。

ウォーターサーバーの衛生面にこだわるのであれば、ともに殺菌処理されている容器の種類ではなく、蛇口やノズル挿入口のメンテナンスや清掃方法について注目すべきではないでしょうか。

ミネラルウォーターのボトルが、どれだけ衛生上優れていたとしても、ウォーターサーバーが汚れていては意味がありません。

適性な衛生基準は必要不可欠ですが、過剰な衛生基準は必要ありません。

ワンウェイボトルとガロンボトルを環境面で比較

ワンウェイボトルは飲み終わった後、場所をとらず、リサイクルゴミとして処分できるため、飲む人にも環境にも優しいと言われています。

一方、ガロンボトルは、容器のゴミ自体が出ないため、環境に優しいと言われています。

しかし、ウォーターサーバーは、容器を必要とする時点で環境には悪影響であり、エコとはいえません。

浄水器を使えば、容器は必要ありません。

浄水器を選べば、水を保管するスペースも不要です。

つまり、浄水器を使うことに比べれば、ワンウェイボトルやガロンボトルは、飲む人にも環境にも優しくないということです。

とはいえ、浄水器は基本的に水道水を水源としているため、天然水を水源とする水を飲むことはできません。

また、ほとんどの浄水器は温水を通すことができません。

つまり、どれも一長一短だということです。

少しだけ視野を広げるだけでも選択肢は広がります。

限られた選択肢の中だけで比較することは、広い選択肢から見れば、ほんの些細な違いなのかもしれません。

無料お試しができるガロンボトル

アクアクララ


ウォーターサーバーを契約した後に、ボトルの種類について後悔しないためには、契約前にボトルの使い勝手について確認するのが賢い方法です。

ウォーターサーバーの契約前に、リサイクルボトルの使い勝手を試したいなら、家庭用ウォーターサーバー水のおいしさナンバーワン、家庭用ウォーターサーバー市場シェアナンバーワンなど数々の実績を持つ、アクアクララがおすすめです。

アクアクララなら、ウォーターサーバーを1週間無料で試すことができます。

もし、使ってみて気に入らなくても、一切費用を必要とすることなく、返却することが可能。

ボトルの使い勝手以外にもミネラルウォーターの味や、設置スペースについて事前に確認したい方には、お得で便利なサービスといえるでしょう。

水の種類
最低発注量
1Lあたりの価格
ボトル種類
RO水
24リットル
105円
リサイクル
サーバーレンタル料
配送料
メンテナンス料
解約手数料
1050円~
無料
無料
3150円

水にこだわる女性におすすめのウォーターサーバー

クリクラミオ

サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料なのはもちろんのこと、1年に一回必ずメンテナンスを実施するなどサポート体制も充実

また、口当たりが柔らかく甘みを感じることができる富士の天然水をいつでも飲むことができるのも人気の理由です。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。