ミネラルウォーターに塩素は含まれているの?

ミネラルウォーターの塩素

水道水が塩素により殺菌処理されるのに対し、国内で製造されるミネラルウォーターは塩素を使わない加熱殺菌が行われています。

このように説明すると、殺菌過程において塩素を使わないミネラルウォーターには塩素が含まれていないように判断してしまいがちですが、必ずしもそうとは言い切れません。

なぜならば、水源に塩素が含まれていれば、その原水を使ったミネラルウォーターにも当然塩素が含まれている可能性があるからです。

塩素を取り除くことを目的とするならば、ミネラルウォーターより浄水器が効果的です。

活性炭を用いた浄水器を使うことで、水道水に含まれる塩素は除去することができます。

スポンサーリンク
336280

残留塩素が含まれるミネラルウォーターとは

水道水には、法律によって残留塩素の量が定められています。

ということは、水源が水道水であるミネラルウォーターは塩素が含まれている可能性があるということです。

ミネラルウォーターの分類の中で、地下水以外の水源を使うことが許されているのはボトルドウォーターと呼ばれる種類です。

ボトルドウォーターの中には水道水をボトリングして販売されているものもあり、ペットボトルに入っているからという理由だけで、塩素が含まれていないと考えてしまうのは大きな間違いです。

ミネラルウォーターのラベルには採水地が記載されています。

採水地が曖昧なボトルドウォーターについては、水道水の可能性を疑ってみることも必要でしょう。

ミネラルウォーターでも水道水でも規準が同じなら安全性も同じ

また、ミネラルウォーターには塩素以外にも有害な物質が含まれている可能性があります。

ミネラルウォーターは厳しいガイドラインによって管理されていますが、飲み続けても人体に影響が出ないということと、有害な物質が含まれていないことは同じではありません。

つまり、管理基準内であれば水道水であろうがミネラルウォーターであろうが、有害物質が含まれていても販売することは可能だということです。

自然の恵みによる水と聞くと、ついつい安全で美味しい水をイメージしてしまいがちですが、ミネラルウォーターと水道水のの管理基準が同じであれば、同じ有害物質が含まれている可能性は否定できません。

ミネラルウォーターから得られる自然の恵みには、メリットとデメリットがあることを覚えておきましょう。

水にこだわる女性におすすめのウォーターサーバー

クリクラミオ

サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料なのはもちろんのこと、1年に一回必ずメンテナンスを実施するなどサポート体制も充実

また、口当たりが柔らかく甘みを感じることができる富士の天然水をいつでも飲むことができるのも人気の理由です。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。