プレミアムウォーターの送料について調べてみた結果

プレミアムウォーターの送料

あなたは、プレミアムウォーターが送料無料で利用できる地域があることを知っていますか。

そして、送料無料の地域は、天然水の種類によって変わることを知っていますか。

送料は、配達時に毎回必要になる費用なので、初期費用やメンテナンス費用などに比べ、些細な金額の差が年換算すると大きな差になります。

これからプレミアムウォーターを使ってみたいと考えているなら、送料のルールや送料無料の条件などについて、詳しくなっておきたいと思うのは当然のことですよね。

というわけで今回は、プレミアムウォーターの送料について調べてみた結果を、分かりやすくご紹介します。

送料を含めた月々の天然水料金についても比較しているので、必ず最後までチェックしてくださいね。

スポンサーリンク
336280

1.プレミアムウォーターの送料を確認する前に、知っておきたいポイント

プレミアムウォーターの送料を確認する前に、知っておきたいポイントについて紹介します。

1-1.無料配送エリアを有効活用しよう

プレミアムウォーターは原則として全国に配達可能ですが、「無料配送エリア」と呼ばれるエリアがあります。

そして、無料配送エリアに該当する地域では、文字通り送料無料でプレミアムウォーターを利用することができます。

また、プレミアムウォーターは初期費用やメンテナンス料が一部を除き無料なので、「無料配送」と「レンタル料が無料のサーバー」を組み合わせて利用すれば、余計な費用を支払う必要なく、天然水の料金だけで美味しい天然水を手軽に利用することができるので、とってもお得です。

1-2.採水地に近ければ送料が安い

プレミアムウォーターには3種類の天然水があり、あなたが自由に選ぶことができます。

そして、3種類の天然水は採水地が異なり、採水地に近い地域ほど送料が割安に設定されています。

たとえば、関東地域(東京、神奈川、埼玉など)でプレミアムウォーターを利用した場合、採水地が山梨県富士吉田市である「富士吉田」を選んだ場合には、送料は無料ですが、採水地が熊本県南阿蘇村である「南阿蘇」を選んだ場合、送料は600円必要になります。

逆に、九州地域(福岡、熊本、鹿児島など)で「南阿蘇」を選んだ場合、送料は無料ですが、「富士吉田」を選んだ場合には、200円の送料が必要になります。

天然水を選ぶポイントは、飲みやすさや含まれている成分バランスなど、いろいろな要素がありますが、送料の面では採水地に近いほどお得になることを覚えておきましょう。

1-3.7リットルボトルは送料無料

プレミアムウォーターの天然水は、通常12リットルボトルですが、「富士吉田」のみ軽量の7リットルボトルが用意されています。

そして、「富士吉田」の7リットルボトルは、全国送料無料で利用することができます。

ただし、7リットルボトルを利用するためには、

  • 契約プランが限定(プレミアム3年パックのみ)
  • 使用できないサーバーがある(cado×PREMIUM WATERウォーターサーバー)
  • 1リットルボトルの天然水料金が12リットルボトルよりも割高

などの特徴があるため、注意が必要です。

1-4.沖縄は別条件

プレミアムウォーターは、沖縄や石垣、宮古島でも利用することができます。

ただし、利用条件は、

  • 利用できるサーバーはスリムサーバーのみ
  • 選べる天然水は「南阿蘇」のみ

など、これまでご紹介して条件が適用されないケースもあるため、注意が必要です。

2.送料を含めた月々の天然水料金を比較

プレミアムウォーターの公式ホームページでは、地域ごとの送料は掲載されていますが、送料を含めた天然水の料金は掲載されていません。

送料の比較だけでは、月々の利用料金にどのような差があるのかについて分かりにくいと思うので、送料を含めた月々の天然水料金を算出してみました。

なお、天然水の値段は、契約プランによって異なりますが、今回は7リットルボトルと12リットルボトル両方が利用でき、比較のしやすい「プレミアム3年パック」を対象とし算出してみました。

2人家族の「天然水料金+送料」目安(月36リットル)

富士吉田
(12リットル)
富士吉田
(7リットル)
金城
(12リットル)
南阿蘇
(12リットル)
北海道5340円7920円6240円6540円
青森、秋田、岩手5940円6240円
宮城、福島、山形5040円
茨城、栃木、群馬、東京、神奈川、千葉、埼玉、山梨5640円5940円
長野、新潟5340円5640円
静岡、三重、愛知、岐阜
石川、福井、富山
大阪、京都、和歌山、兵庫、奈良、滋賀
5190円5040円
山口、岡山、広島、島根、鳥取5340円5040円
徳島、香川、愛媛、高知
福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島5190円
沖縄---5340円
石垣、宮古島6015円

3人家族の「天然水料金+送料」目安(月48リットル)

富士吉田
(12リットル)
富士吉田
(7リットル)
金城
(12リットル)
南阿蘇
(12リットル)
北海道7120円10560円8320円8720円
青森、秋田、岩手7920円8320円
宮城、福島、山形6720円
茨城、栃木、群馬、東京、神奈川、千葉、埼玉、山梨7520円7920円
長野、新潟7120円7520円
静岡、三重、愛知、岐阜
石川、福井、富山
大阪、京都、和歌山、兵庫、奈良、滋賀
6920円6720円
山口、岡山、広島、島根、鳥取7120円6720円
徳島、香川、愛媛、高知
福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島6920円
沖縄---7120円
石垣、宮古島8020円

4-5人家族の「天然水料金+送料」目安(月96リットル)

富士吉田
(12リットル)
富士吉田
(7リットル)
金城
(12リットル)
南阿蘇
(12リットル)
北海道14240円21120円16640円17440円
青森、秋田、岩手15840円16640円
宮城、福島、山形13440円
茨城、栃木、群馬、東京、神奈川、千葉、埼玉、山梨15040円15840円
長野、新潟14240円15040円
静岡、三重、愛知、岐阜
石川、福井、富山
大阪、京都、和歌山、兵庫、奈良、滋賀
13840円13440円
山口、岡山、広島、島根、鳥取14240円13440円
徳島、香川、愛媛、高知
福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島13840円
沖縄---14240円
石垣、宮古島16040円

2-1.送料による費用の差は使用量に比例

天然水の使用量が増えれば増えるほど(家族が多くなればなるほど)、送料は増え送料無料に比べ差額が大きくなります。

たとえば、北海道に住んでいる3人家族の場合、富士吉田と南阿蘇の料金を比較した場合、月々1600円の差額が発生します。

月々1600円の差は、サーバーレンタル料を上回る金額ですし、年換算すれば19200円と早期解約手数料に匹敵する金額のため、軽視することはできません。

さらに、使用量が多くなる4人家族では、差額は月々3200円とさらに大きくなり、家計に与える影響も大きくなります。

今回は、参考情報として「送料による費用の差」を算出してみたのですが、その差額の大きさに正直驚きました。

プレミアムウォーターの天然水は、契約中でも変更することができるので、出来る限り出費をおさえたい人は、とりあえず無料配送エリアの天然水を選ぶのがおすすめです。

2-2.7リットルボトルは軽量のメリットのみ

全国無料で利用できることがメリットの軽量7リットルボトルですが、送料を含めた月々の天然水料金を比較した場合、料金面でのメリットは見当たりません。

このため、7リットルボトルは、軽量ボトルを利用したい方向けのサービスといえるでしょう。

3.プレミアムウォーターに関する口コミ

4.まとめ

いかがでしたか。

プレミアムウォーターの送料について、詳しくなることができたのではないでしょうか。

そして、プレミアムウォーターを使う際の料金イメージを、より具体的にすることができたのではないでしょうか。

プレミアムウォーターは、初期費用やメンテナンス費用が無料なので、送料を抑えることができれば、天然水の料金だけで利用することも可能です。

今回ご紹介した情報を参考に、プレミアムウォーターを賢く割安に使いこなしてくださいね。

▼プレミアムウォーターの公式サイトはこちらから▼

(※ご注意!ここで紹介している情報やデータは、2017年06月05日時点での独自による調査結果です。各データは、必ず公式サイトや運営会社発表のものと照合しご確認ください)

水にこだわる女性におすすめのウォーターサーバー

クリクラミオ

サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料なのはもちろんのこと、1年に一回必ずメンテナンスを実施するなどサポート体制も充実

また、口当たりが柔らかく甘みを感じることができる富士の天然水をいつでも飲むことができるのも人気の理由です。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加