ほとんど語られないミネラルウォーターのデメリット

私たちが、日常的に飲んでいる水には、いろいろな種類があります。

水の種類の中でも、健康によいと言われるミネラルウォーターですが、ミネラルウォーターにはどのようなデメリットがあるのでしょう。

ミネラルウォーターのデメリットを考える上で、比較対象となる水が必要不可欠です。

このため、水道水と浄水器を主な比較対象とし、身体への影響をはじめ、コスト、利用方法などいろいろな面からミネラルウォーターのデメリットを考えてみました。

今回は、ミネラルウォーターの悪いところをあえてピックアップしているので、すでにミネラルウォーターを飲み続けている方にとっては、不快に感じるかもしれませんが、ミネラルウォーターと浄水器、どちらにしようか迷っている方にとっては、参考情報になるはずです。

スポンサーリンク
336280

ミネラルウォーターは、本当に割高なのか

水のコストには、イニシャルコストとランニングコストがあります。

イニシャルコストとは、初期費用のことで水を飲み始める前に必要な費用のことです。

ランニングコストとは水を飲み続けるために費用な費用のことで、使用量の増減によって費用が変動するものと、使用量の増減に関係なく一律の費用が必要になるものに分けることができます。

たとえば、ミネラルウォーターをペットボトルでその都度購入する場合と浄水器を設置した場合を比較した場合、イニシャルコストとランニングコストの関係は正反対と考えることができます。

ミネラルウォーターをペットボトルでその都度購入する場合には、水を手に入れる前に必要な費用はゼロですが、浄水器を設置する場合には浄水器の購入費用や設置代金が必要です。

また、ミネラルウォーターをペットボトルでその都度購入する場合には、ミネラルウォーターを飲めば飲むほど水を飲み続けるための費用が増えていきますが、浄水器を設置した場合では、一定期間内にフィルターの交換が必要なことや水道料金を除けば、水を飲み続けるための費用はゼロです。

このため、使用期間が長くなればなるほど、使用量が増えれば増えるほど、コスト面において、ミネラルウォーターは浄水器に比べデメリットが大きいといえるでしょう。

ミネラルウォーターの保管スペースと重さの問題

水道水を利用する場合と異なり、ミネラルウォーターを購入した場合には、ある程度の保管スペースが必要になります。

ウォーターサーバーを設置した場合には、ミネラルウォーターの保管場所とは別にサーバーの設置スペースも必要になります。

保管場所や設置場所に不自由することのない広いスペースを持っていれば話は別ですが、限られたスペースの中で生活する人にとっては、大きな問題です。

また、水道水は蛇口まで、水を運んでくれますが、ミネラルウォーターは購入したお店から自宅まであなたが運ばなければいけません。

ネットショッピングや宅配水などを利用すれば、玄関までは届けてくれるかもしれませんが、そこからはすべてあなたが運ばなければいけません。

水を運ぶのはかなりの重労働です。

特に女性やお年寄りにとっては、腰や関節などを痛める原因にもなりかねません。

つまり、ミネラルウォーターには保管するデメリット、運搬するデメリットがあるということです。

ミネラルウォーター最大のデメリット

身体への影響についても、ミネラルウォーターは水道水よりデメリットが大きいと考えられます。

なぜならば、ミネラルウォーターの規準は水道水の安全規準よりも緩いからです。

(参考:ミネラルウォーターは水道水より安全なの?

安全規準が緩いことが、そのまま危険だと言い切ることはできませんが、水道水では安全規準により飲むことができない水でも、ミネラルウォーターであれば安全基準内と判断される可能性があります。

また、多量のミネラル成分を含んだり、極端なペーハー値を持つミネラルウォーターは、内蔵への過剰な負担となる可能性もあります。

つまり、ミネラルウォーターだから安全だ、ミネラルウォーターだから身体によいという解釈は、神話に過ぎないということです。

ミネラルウォーターは特徴を持つ水の一種です。

ミネラルウォーターの特徴が、メリットになるかデメリットになるかはあなた次第です。

ミネラルウォーターは、パーフェクトな水ではありません。

ミネラルウォーターは、優れた水ではありません。

ミネラルウォーター最大のデメリットは、ミネラルウォーターを飲むことによって、あなたの目的を満たすことができないことです。

水にこだわる女性におすすめのウォーターサーバー

クリクラミオ

サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料なのはもちろんのこと、1年に一回必ずメンテナンスを実施するなどサポート体制も充実

また、口当たりが柔らかく甘みを感じることができる富士の天然水をいつでも飲むことができるのも人気の理由です。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。