長期保存用に選ばれるミネラルウォーター

ミネラルウォーターの長期保存

ミネラルウォーターは、備蓄用として長期保存することができます。

ただし、すべてのミネラルウォーターが長期保存に適しているわけではありません。

すべてのミネラルウォーターが無色透明で、どれも同じように見えるかもしれませんが、ミネラルウォーターのラベルに書かれている賞味期限を比べてみれば、その違いの大きさに驚くはずです。

では、ミネラルウォーターを長期保存するためには、どのようなことに注意すればいいのでしょう。

今回は、備蓄用にミネラルウォーターを長期保存する際の注意点についてご紹介します。

スポンサーリンク
336280

賞味期限が長い方が、ミネラルウォーターの長期保存に向いている?

ミネラルウォーターは、種類によって賞味期限が大きく異なります。

なぜならば、製造工程や殺菌状態の違いにより、保存可能な期間に違いが出てくるからです。

長期保存を目的に製造されるミネラルウォーターは、無菌状態に近い環境でボトリングしたり、長期保存が可能な容器を使用したりなど、一般的なミネラルウォーターと比較し、いろいろな工夫を凝らしています。

このため、一般的なミネラルウォーターと比較し、価格面では割高に感じるかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。

たとえば、賞味期限が5年のミネラルウォーターと賞味期限が2年のミネラルウォーターを比較した場合、賞味期限が5年のミネラルウォーターは5年間交換する手間が不要なのに対し、賞味期限が2年のミネラルウォーターは2回交換が必要になります。

つまり、賞味期限切れのミネラルウォーターを使わないことを前提とすれば、賞味期限が5年のミネラルウォーターは賞味期限が2年のミネラルウォーターに比べ、2.5倍の価値があると考えることができます。

もちろん、定期的にミネラルウォーターを交換することが負担にならず、賞味期限切れのミネラルウォーターを使うことに抵抗感が無いのであれば、賞味期限の短いミネラルウォーターを使う方が、費用面では割安になる可能性が高いでしょう。

つまり、賞味期限が長い方が長期保存に向いているということではなく、賞味期限はミネラルウォーターを長期保存する上での選択肢であるということです。

どれだけ長期保存が可能なミネラルウォーターだとしても、必ず賞味期限が訪れます。

ミネラルウォーターを長期保存する上で重要視すべきは、賞味期限に気付くことが出来、適切なメンテナンスをすることができる環境作りでしょう。

ミネラルウォーター備蓄のポイントは賞味期限だけではない

備蓄を目的にミネラルウォーターを長期保存するポイントは、賞味期限だけではありません。

保管方法にも注意が必要です。

ミネラルウォーターは空気と触れることにより腐敗が進行していきます。

このため、ミネラルウォーターを長期保存するためには、密封状態であることが重要です。

一度でも開封したミネラルウォーターは密封状態とはいえません。

容器が変形していたり、亀裂が入っているミネラルウォーターも気密性が低下している可能性があります。

つまり、長期保存するミネラルウォーターは、容器の取り扱いにも注意が必要だということです。

また、ミネラルウォーターをベランダで保管する場合には、高温になる場所や直射日光が当たる場所は避けましょう。

なぜならば、ペットボトルには酸素を通す特性があり、温度が上昇することによりその特性は大きくなるからです。

もし、直射日光が当たり高温になるベランダで、ペットボトル入りのミネラルウォーターを保管した場合、ペットボトルの酸素を通す特性は大きくなります。

酸素を通す特性が大きくなるということは、ペットボトルの中にミネラルウォーターの腐敗が、通常よりも進行する可能性があるということです。

また、温度が上昇することにより、ミネラルウォーターに含まれるミネラル成分が変質するスピードが加速されます。

つまり、ミネラルウォーターもその他の食品の長期保存と、同じように考える必要があるということです。

ミネラルウォーター長期保存は、賞味期限、保管方法、保管場所の3つがポイントだといえるでしょう。

水にこだわる女性におすすめのウォーターサーバー

クリクラミオ

サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料なのはもちろんのこと、1年に一回必ずメンテナンスを実施するなどサポート体制も充実

また、口当たりが柔らかく甘みを感じることができる富士の天然水をいつでも飲むことができるのも人気の理由です。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。