ボトルドウォーターはどんな水?

ミネラルウォーターの種類の中で、ボトルドウォーターは非常に個性的な存在です。

なぜならば、その他の種類が特定の水源から採取された地下水のみを使っているのに対し、ボトルドウォーターの原水は地下水とは限らず、水道水や蒸留水を使うこともできるからです。

特定の水源から採取された地下水を使わないということは、水道水をボトルに詰めたとしても、食品衛生法で定められている殺菌が行われていれば、ボトルドウォーターとして販売しても問題無いということです。

水道水を水源としたボトルドウォーターは、天然水と比べ見劣るような印象を持つかもしれませんが、原水の成分を大きく変化することが可能なため、原水の成分をそのまま活かすことを重視しているミネラルウォーターには対応が難しい、目的にあった水を作ることができるというメリットがあります。

ボトルドウォーターはどんな飲み方、選び方をすればいいのか?

今回はボトルドウォーターはどんなミネラルウォーターの種類なのかについてご紹介します。

スポンサーリンク
336280

ピュアウォーターの水源にこだわることは意味がない

赤ちゃんや乳幼児に適しているといわれるピュアウォーターは、ボトルドウォーターに分類することができます。

ピュアウォーターは不純物を取り除いた水なので、もし水源がミネラル成分を含む天然水だとしても、ミネラル成分は不純物として取り除かれてしまうため、天然水の特徴であるミネラル成分は、ほとんど意味を持ちません。

つまり、ピュアウォーターがどこの水源によって作られているかは、あまり気にする必要はないということです。

もちろん、現在の処理方法の中で除去不可能な成分がある可能性は否定できないため、ピュアウォーターの水源にこだわる必要がまったく無いと断言することはできません。

しかし、天然水を使ったピュアウォーターというだけで、根拠もなく他のピュアウォーターよりも安全性が高く身体によいと判断してしまうのは、勝手な思い込みに過ぎません。

ピュアウォーターをはじめとするボトルドウォーターは、水源の成分を大きく変化させている特徴を理解した上で、どのような処理方法が行われているのかに注目し選ぶ方がよいでしょう。

ボトルドウォーターの効果を最大限に発揮する方法

一般的に機能水、電子水と呼ばれている水も、水源が天然水だったとしてもボトルドウォーターに分類されます。

つまり、天然水にもかかわらず、ボトルドウォーターに分類されるということは、天然水の特徴を大きく変化させるほどの処理が行われている可能性があるということです。

また、ボトルドウォーターは、いくつかの水をブレンドすることも許可されています。

つまり、食品衛生法に基づいた処理が行われ基準値が守られていれば、どんな水でもボトルドウォーターになるということです。

このような考えると、ボトルドウォーターは天然水と反対の特徴を持つ人工水と表現することができます。

人工水であるということは、人間の知恵により目的を持って生み出された水だということです。

ボトルドウォーターは目的に適した人が目的に適した飲み方をすることにより、効果を最大限に発揮させることができる飲み物だといえるでしょう。

水にこだわる女性におすすめのウォーターサーバー

クリクラミオ

サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料なのはもちろんのこと、1年に一回必ずメンテナンスを実施するなどサポート体制も充実

また、口当たりが柔らかく甘みを感じることができる富士の天然水をいつでも飲むことができるのも人気の理由です。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。