業務用に選ばれるミネラルウォーター

業務用に適しているミネラルウォーターは、家庭や個人が使うミネラルウォーターと目的が異なります。

なぜならば、家庭や個人が使うミネラルウォーターは限られた人が使うことを前提としているのに対し、業務用のミネラルウォーターは、不特定多数の人が使うことを前提としなければならないからです。

では、不特定多数の人が使うことを前提とした場合、どのようなことに注意してミネラルウォーターを選べばいいのでしょう。

今回は業務用に適しているミネラルウォーターについて考えてみましょう。

スポンサーリンク
336280

業務用ミネラルウォーターはコスト意識が重要

ミネラルウォーターを業務用としてが使うシーンとしては、事務所、給湯室、休憩室など会社の福利厚生の一環として利用することが考えられます。

また、病院、デパート、美容院などお客様をお待たせする場所でも、効果的な利用法だといえるでしょう。

多くの方が利用することを前提にした場合、ウォーターサーバーを利用するのが最も便利です。

なぜならば、一度ウォーターサーバーを設置してしまえば、管理が簡単で、使い勝手も非常に優れているからです。

ミネラルウォーターの使用量がある程度決まっているのであれば、定期購入へ申し込むのが便利です。

一度申し込んでおけば、申し込みや手続きをしなくても、定期的にミネラルウォーターが配達されるので、申し込みや残量管理に必要な手間をなくすことができ、管理コストの削減につながります。

メーカーによっては、メンテナンスフリーのウォーターサーバーを用意してある業者もあるので、場合によってはすべての管理を丸投げすることも可能です。

また、多くのウォーターサーバーには、冷水と温水機能が付属されているため、急な来客があった場合でも、すぐにお茶やコーヒーを容易することができます。

購入コストだけを比較した場合、ペットボトルのミネラルウォーターの方が割安になる場合もあるかもしれません。

しかし、業務用としてミネラルウォーターを利用するのであれば、購入コストだけでなく管理面や使い勝手などもコスト換算した上で、どちらの方がメリットが大きいのかを総合的に判断した方がよいでしょう。

業務用ミネラルウォーターのリスク管理

個人や家族など、限られた人に中でミネラルウォーターを飲む場合には、ある特定の効果を重視したミネラルウォーターを選ぶことができますが、不特定多数の人がミネラルウォーター飲む場合には、効果の偏ったミネラルウォーターの選び方は賢い選択とはいえません。

なぜならば、効果の偏ったミネラルウォーターは、人によっては身体に有害となったり、まずい水と感じる場合があるからです。

たとえば、腎臓に疾患のある方にとって、ミネラル成分を多く含む硬水は腎臓への負担が大きく身体に悪影響となる場合があります。

もし、あなたの会社に置かれている来客用のミネラルウォーターが、ミネラル成分を多く含む硬水だったとしたら、腎臓に疾患のある方がそのミネラルウォーターを飲むリスクを完全に防ぐことは可能でしょうか。

また、ミネラル成分の少ない軟水を飲み慣れている日本人にとって、ミネラル成分を多く含む硬水は、水が重く感じたり、違和感を感じる可能性があります。

たとえ、お客様のことを考え用意したミネラルウォーターだとしても、飲んだお客様が不快に感じたとしたら、あなたの会社のイメージはミネラルウォーターを容易したことによって本当によくなるでしょうか。

不特定多数の人が飲むミネラルウォーターは、あえて話題性を狙ったりミネラル成分の効能や味について事前の告知する場合を除き、リスクを最小限にすることを考慮すべきです。

そして、リスクを最小限にするミネラルウォーターとは、ミネラル成分が少ない軟水のミネラルウォーターや、不純物がろ過によって取り除かれているピュアウォーターです。

ミネラルウォーターの特徴は飲む人によってメリットになる場合もあれば、デメリットになる場合もあります。

業務用として、リスクを避け安全性を重視するのであれば、効果ではなく安全性の高いミネラルウォーターを選ぶことは当然です。

水にこだわる女性におすすめのウォーターサーバー

クリクラミオ

サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料なのはもちろんのこと、1年に一回必ずメンテナンスを実施するなどサポート体制も充実

また、口当たりが柔らかく甘みを感じることができる富士の天然水をいつでも飲むことができるのも人気の理由です。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。