夫婦共働きが選ぶウォーターサーバー

夫婦共働きが選ぶウォーターサーバーは、一般的なご家庭とウォーターサーバーの選び方が少し異なります。

なぜならば、共働きのご夫婦は、仕事と家事の両立で非常に忙しく、自宅を留守にしていることが多いからです。

仕事の家事の両立で忙しく、自宅を留守にしていることが多いということは、時間を大切にし、出来る限り無駄を省く視点を持つことが、ウォーターサーバー選びのポイントになります。

では、ウォーターサーバー選びにおいて、無駄を省くとは、いったいどのようなことなのでしょう。

今回は、夫婦共働きが選ぶウォーターサーバーについて考えてみます。

スポンサーリンク
336280

温水機能、冷水機能でウォーターサーバーを選ぶ

仕事と家事の両立で忙しい共働きの夫婦にとって、時間は非常に大切です。

特に、朝起きてから出勤するまでの時間は、1分1秒が惜しいと思えるような時間帯でしょう。

冷水機能や温水機能付きのウォーターサーバーならば、忙しい朝でも、すぐに冷たい水や温かいお茶やコーヒーを飲むことができます。

このメリットは、実際に使ってみないとなかなか実感することができませんが、もし、あなたが普段から時間の重要性についての心掛けていれば、何となくご理解いただけるはずです。

また、深夜まで残業をし、疲れて自宅に戻った時、小腹が空いて夜食を食べたくなる時もあるかと思います。

こんな時にも、ウォーターサーバーがあれば、カップ麺などを簡単に作ることができるので非常に便利です。

お湯を沸かすだけなら、電気ポットでもいいのではと、思うかもしれませんが、時間を節約するという意味においては、電気ポットよりウォーターサーバーの方が優れています。

つまり、時間を大事にする共働きのご夫婦だからこそ、ウォーターサーバーの冷水機能や温水機能は、よりメリットが大きくなるのです。

電気代でウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーの冷水機能や温水機能を使うことを考えた場合、気になるのはウォーターサーバーの電気代です。

自宅を留守にしていることが多い共働きのご夫婦にとっては、留守にしている時間帯の電気代は無駄な消費電力と考えることができるため、出来る限り抑えたいと感じているのではないでしょうか。

とはいえ、ウォーターサーバーの電気代を抑えたいからといって、ウォーターサーバーのコンセントを抜いてしまうことはNGです。

なぜならば、ウォーターサーバーのコンセントを抜いてしまうと、適切な温度調整が行われず、ミネラルウォーターに雑菌が繁殖する可能性を高めてしまうからです。

ウォーターサーバーの電気代を節約するためには、消費電力の小さいウォーターサーバーを選ぶことが基本ですが、自宅を留守にしていることが多い共働きのご夫婦には、ウォーターサーバーを使わない時間帯に消費電力を抑える省エネモードが搭載されているウォーターサーバーがおすすめです。

省エネモードはエコモードと呼ばれることもあり、メーカーによって呼び方が異なりますが、表示部分を消灯したり、温水の温度を下げて保温することで、通常のウォーターサーバーに比べ、電気代を3分の1に抑えることが出来るウォーターサーバーもあります。

自宅を留守にしていることが多い共働きのご夫婦の場合には、日中と深夜の時間帯を省エネモードに設定することで、電気代節約による恩恵を最大限受けることができるでしょう。

(参考情報:電気代節約で選ぶウォーターサーバー

ボトルの配達でウォーターサーバーを選ぶ

一般的に、ウォーターサーバーの交換用ボトルは、配達によってあなたの自宅に届けられます。

自宅を留守にしていることが多い共働きのご夫婦の場合には、日中にボトルを配達されても、直接受け取ることができないケースが多いのではないでしょうか。

もちろん、不在時にはボトルを玄関先に置いてくれることも可能でしょうが、あなたの大事な身体の中に摂り入れる水を、誰もいない玄関先に長時間放置したままの状態にしておくことは、決しておすすめできる方法ではありません。

また、マンションなどの集合住宅の場合には、やはりご近所さんの目も気になります。

ウォーターサーバーメーカーの中には、共働きご夫婦の生活環境に配慮し、ボトルの配達日や配達時間帯を指定できるサービスを実施しているところもあります。

また、ボトルの配達だけでなく、ウォーターサーバーへの設置まで行なってくれるサービスを実施しているメーカーもあります。

ボトルの配達に自分の生活スタイルを合わせる生活と、自分の生活スタイルにボトルの配達を合わせる生活、あなたなら、どちらを選びますか。

ボトルの種類でウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーの使わているボトルの種類には、ワンウェイボトルとガロンボトルがあります(参考情報:ボトルの種類で選ぶウォーターサーバー

ワンウェイボトルは使い終わったあと、資源ごみとしてすぐに処分することができますが、ガロンボトルは回収されるまで容器を保管しておかなければいけません。

自宅を留守にしていることが多い共働きのご夫婦の場合、空き容器をスムーズに回収してもらうことが可能でしょうか。

スムーズに回収してもらうことが困難な場合、回収できない空き容器が部屋中いっぱいになっても、あなたの生活スタイルに問題ないでしょうか。

ミネラルウォーターの空き容器は、あなたが思っている以上のスペースが必要です。

空き容器をスムーズに回収することが困難であれば、回収を必要としないワンウェイボトルを選ぶのが賢い選択です。

夫婦共働きが選ぶォーターサーバーランキング

ラピロスピュア


大手配達業者を利用することにより、配送時間の指定や再配達にも対応しているのが、ラピロスピュアです。

配送時間の指定や再配達ができるので、配達時間を気にすることなく外出することができるのは、何かと忙しい共働き夫婦にとっては、うれしいサービスです。

気になるウォーターサーバーの電気代も、一般的な電気ポットの1000円に対し、857円と約15パーセントの節電が可能になっています。

また、500mlペットボトル相当が49円と非常にお手軽な価格でウォーターサーバーを利用できるのも魅力です。

もちろん、サーバーレンタル料も無料です。

水の種類
ボトル時間指定配達
電気代
ボトル種類
RO水
可能
857円
ワンウェイ
冷水温水機能
サーバーレンタル料
配送料
1Lあたりの価格
対応
無料
無料
100円~
クリティア


あなたのライフスタイルに合わせて、午前中から午後は2時間刻みで21時まで、土日や夜の再配達時間帯を問わずボトル配達が可能なのがクリティアです。

また、配達予定時にたまたまご不在でも、再配達がいつでも可能なので、ボトルの配達を気にせず外出できる再配達サービスはとても便利です。

ボトルはワンウェイ方式を採用しているため、面倒な返送の手続きや引き取りが必要ないのも、共働き夫婦にとっては大きなメリットです。

使い終わった容器は、自治体の方式に合わせてリサイクル処理に回すことができるので、使用済みボトルを保管しておくスペースも必要ありません。

水の種類
ボトル時間指定配達
電気代
ボトル種類
天然水
可能
1000円
ワンウェイ
冷水温水機能
サーバーレンタル料
配送料
1Lあたりの価格
対応
無料
無料
149円~
アクアクララ


ダブル省エネモードというユニークな省エネ機能を搭載しているのが、アクアクララのアクアアドバンスです。

アクアアドバンスは、標準的な電気代約1000円と比較し約350円と電気代を最大で3分の1に抑えることができます。

省エネモード設定中は、表示部を消灯させ、温水温度を下げて保温することで節電効果を高めます。

たとえば、一日の中でウォーターサーバーをよく使う時間帯が朝食時と夜間の場合、日中と深夜の時間帯を省エネモードに設定するので、昼間自宅を留守にしていることの多い夫婦共働きにとっては、無駄な電気代を消費することを防ぐ効果が期待できます。

また、高温のお湯が欲しいときにすぐお湯が出るよう再加熱ボタンを搭載しているので、お湯の温度を95℃に一気に引き上げることができ、朝の貴重な時間を有効に使うことができるのも、うれしい機能です。

水の種類
ボトル時間指定配達
電気代
ボトル種類
RO水
不可
350円
リサイクル
冷水温水機能
サーバーレンタル料
配送料
1Lあたりの価格
対応
1575円
無料
105円~

水にこだわる女性におすすめのウォーターサーバー

クリクラミオ

サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料なのはもちろんのこと、1年に一回必ずメンテナンスを実施するなどサポート体制も充実

また、口当たりが柔らかく甘みを感じることができる富士の天然水をいつでも飲むことができるのも人気の理由です。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。