赤ちゃんのママが選ぶミネラルウォーター

赤ちゃんのミネラルウォーター

身体によいとされるミネラルウォーターでも、赤ちゃんにとっては有害となる場合があります。

なぜならば、大人に比べ赤ちゃんは免疫力が不十分であるとともに、吸収力が大きいため外部からの影響を大きく受けやすいからです。

赤ちゃんには赤ちゃんに適したミネラルウォーターがありますが、赤ちゃん自身は選ぶことはできません。

そもそも、ミネラルウォーターは、何歳から飲ませることができるのでしょう

赤ちゃんに適したミネラルウォーターについての知識を深め、粉ミルクを与える時に誤った水で作らないように注意しましょう。

スポンサーリンク
336280

ミネラル成分は、幼児期においては悪影響

大人に比べ赤ちゃんは、消化器官の発達が不十分です。

このため、ミネラル成分を多く含むミネラルウォーターを飲んだ場合、下痢を起こす可能性が高くなります。

それそれの発育状態には個人差があるため、一概に何歳までと決めることは難しいのですが、離乳食を食べているまでの幼児期においては、ミネラル成分を多く含むミネラルウォーターは避けた方が懸命でしょう。

赤ちゃんに適した水として注目されているのが、ピュアウォーターです。

ピュアウォーターとは、ミネラル成分や不純物などを取り除いた水のことで、純水と呼ばれることもあります。

ミネラル成分や不純物が取り除かれているため、消化器官の発達が不十分な赤ちゃんにとって適した水と考えられており、ミルク作り用の水としても人気がありますが、ピュアウォーターの中には不純物を取り除いた後に再びミネラル成分を足しているものもあります。

ミルク作りの水として使用する際には、ピュアウォーターだからといって安心せず、ラベル表示などでミネラル成分の含有量について確認した方がよいでしょう。

ピュアウォーターのピュアは、天然という意味ではない

また、ピュアウォーターは天然水を使っているとは限りません。

つまり、天然水でも水道水でもミネラル成分や不純物が取り除かれていれば、ピュアウォーターだということです。

ピュアウォーターというネーミングから、天然水をイメージする方がいるかもしれませんが、天然水と水道水どちらを使っていてもピュアウォーターです。

天然水にこだわるのであれば、カタログやラベルに記載されている採水地をしっかりと確認するようにしましょう。

逆に、水道水でも構わないと考えられるのであればピュアウォーターを購入するのではなく、ミネラル成分や不純物を除去することができる浄水器を水道に設置するのもひとつの方法です。

つまり、ミネラル成分や不純物を除去することが目的であれば、除去されたピュアウォーターを購入する方法と、浄水器によって自宅で除去する方法の2つから選ぶことができるということです。

ピュアウォーターと浄水器では、除去可能な不純物の他に、コスト、スペース、安全性など、いろいろな比較要素があります。

それぞれメリット、デメリットがあるため、ランキングやおすすめ情報などを鵜呑みにするのではなく、生活環境を考慮した上で、あなたやお子さんに合った方法を選ぶようにしましょう。

アルカリイオン水は、何歳からOK

アルカリイオン整水器協会のホームページには、このような記載があります。

「子供やお年寄りの場合、低いpH値のアルカリイオン水から始め、慣れるに従って徐々にpH値を上げていきます。なお、乳児(生まれて1年位まで)の場合は、ほとんどが母乳やミルクを摂取しているため、腸の働きは通常の大人と異なるので勧められていませんが、大人と同じような食事をするようになれば問題ないと考えます。」

この内容から、アルカリイオン水は乳児に適していない水と、判断することができるでしょう。

また、ミネラルウォーターや水道水には、胎児や乳幼児には特に有害と考えられている、鉛、硝酸性窒素、亜硫酸性窒素などが含まれている可能性があります。

水道法では基準値が定められ、基準値以下になるように管理されていますが、除去機能のある浄水器を使うことで、さらに安心して赤ちゃんに飲ませることが可能になるでしょう。

水にこだわる女性におすすめのウォーターサーバー

クリクラミオ

サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料なのはもちろんのこと、1年に一回必ずメンテナンスを実施するなどサポート体制も充実

また、口当たりが柔らかく甘みを感じることができる富士の天然水をいつでも飲むことができるのも人気の理由です。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。